Sinesis Duo (Quique Sinesi, Augusto Sinesi) / Hojas y Rutas neuvas 2022年3月11日リリース

posted in: news | 0

Hojas y Rutas neuvas / Sinesis Duo (Quique Sinesi, Augusto Sinesi)

Release Date : 2022.3.11  price:2,600 yen (tax out)  RCIP-0326   Label : bar buenos aires

アルゼンチンのギタリストのキケ・シネシが、長男のアウグスト・シネシとともに、Sinesis Duo名義で初のギター・デュオ作品をリリースしました。疾走する風や大空を渡る雲などさまざまな情景を思い起させるキケ・シネシのギター、そして父から技を受け継いだギターの演奏のみならずミステリアスに響くアウグスト・シネシの歌声。ふたりがそれぞれにギターを弾き分けながら合奏する音色と歌声は幻想的で美しく響き合います。

世界的にコンサートさえ行うことが難しかった時期に、ふたりは音楽を前へと進めるためにホーム・レコーディングを行います。そこに、ゲストとしてカルロス・アギーレがキーボード、ベース、パーカッションで、ジョアナ・ケイロスがバス・クラリネットでそれぞれ1曲ずつに参加し、楽曲にさらなる深みを与えています。

アルバム・ジャケットの写真はカルロス・アギーレ。ライナーノーツはキケ・シネシと栗本斉氏。bar buenos aires レーベルよりリリースします。

2018年のキケ・シネシの来日公演の際に、彼は息子のアウグストがギターを弾いて音楽活動をしているという興味深い話をしてくれました。その年の秋にresonance musicでブエノスアイレスに赴くと、そのアウグストに会うことができました。その時の印象をresonance music / bar buenos aires 吉本 宏がCD帯コメントに記しました。

「2018年にブエノスアイレスを訪れた際、ちょうどヨーロッパ・ツアーでベルリンに滞在中で会うことができなかったギタリストのキケ・シネシから、自分の代わりにぜひ会ってほしいと、長男のアウグスト・シネシを紹介された。彼はぼくたちの滞在先のホテルにギターを抱えてやって来て、ロビー横のラウンジで弾き語りの歌を披露してくれた。ちょっとシャイな青年という面持ちながら、父親譲りの幻想的なギターの音色と、そこに重なった少し気怠い魅惑的な歌声に驚かされた。スピネッタの歌唱なども思い起こすアルゼンチンならではのあのミステリアスな声質。今作はキケ・シネシが、そのアウグストとの初めての共演を果たした記念すべき作品。ふたりのギターの音の融合が稀有な空気を生み出す。この2人の初共演盤には、いまこの一瞬だからこそ記録された瑞々しい音の煌めきが満ちあふれている」
紙ジャケット+6Pブックレット

《Track Listing》
01. Hojas y rutas nuevas (Augusto Sinesi)
02. Pacifico (Quique Sinesi)
03. Nativa (Augusto Sinesi)
04. Fantasia Urbana I (Quique Sinesi)
05. Sin tiempo y sin distancia (Quique Sinesi)
06. Oleajes (Augusto Sinesi)
07. Fantasia Urbana II (Quique Sinesi)
08. El Embrujo (Quique Sinesi)
09. Fantasia Urbana III (Quique Sinesi)
10. Lua Gallerina (Augusto Sinesi)
11. Jauregui (Augusto Sinesi)

《ご試聴》
01.Hojas y rutas nuevas(Augusto Sinesi)
05.Sin tiempo y sin distancia (Quique Sinesi) Guest:Carlos Aguirre
08. El Embrujo (Quique Sinesi)